これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

日清戦争、日露戦争、日中戦争の違い!まとめてマスター!

どうも!ケイトです。

日清戦争、日露戦争、日中戦争という同じようで違う、日本の戦争の違いはしっかり説明できますか?

 

今回はこの3つの違いを詳しく解説していきます!

日清戦争、日露戦争、日中戦争の違い

 

日清戦争  朝鮮で行われた日本と清の戦争

日露戦争  義和団事件後に起きたロシアと日本の戦争

日中戦争  中国に侵略してくる日本と、それに対抗する中国の戦争 時期的には、太平洋戦争の直前です。

 

日清戦争

日清戦争は朝鮮で行われた日本と清の戦争です。

江華島事件

 

日清戦争を押さえるには、朝鮮で起きていた壬午軍乱や甲申政変を押さえなければなりません。

 

まず、朝鮮では、外交関係を清と日本だけに絞っていましたが、欧米諸国は「開国しろや、こらァ」と何度も迫っていました。

 

清の皇帝、高宗の摂政である大院君は断固としてこれを拒否しました。彼らは攘夷、つまり鎖国主義を徹底します。

 

これを見ていた日本は、「朝鮮を独占できるかもしれない」と企み色んな権利を奪ってしまおうということを考えるのです。

 

その結果起きた事件が、江華島事件です。日本が挑発し、それにのった朝鮮と武力で衝突した事件。

 

日本は朝鮮に勝ち、狙い通り、超不平等条約である日朝修好条規を結びました。領事裁判権や釜山など港を3つ開けさせました。

対立関係

こんな状態で朝鮮内部では、対立に対立を重ねます。

 

まず、攘夷派と改革派です。言ってしまえば、鎖国派と開国派です。

 

そして、ややこしいのがここからです。改革派の中でも2つに対立します。

 

急進派と漸進改革派です。これは日本派と清派に分れています。急進派で有名なのが金玉均、清派で有名なのが、閔氏(びんし)という一族です。

 

対立関係が分かったところで、壬午軍乱と甲申政変を見ていきましょう。

 

壬午軍乱、甲申政変

壬午軍乱は、攘夷派vs改革派の清組の事件です。漢城(今のソウル)で、攘夷派が閔氏の一派を殺害し、日本大使館を攻撃しました。

 

甲申政変は、改革派の日本組vs改革派の清組の事件です。これは、日本組が清組の閔氏政権を倒したクーデターでした。

 

こうして日本派と清派が争っているのを見た、日本と清はやがてケンカし始めます。

 

清は重要な朝貢国である朝鮮の影響力を維持するために、日本は朝鮮に進出して経済的に発展するために朝鮮に干渉したのでした。

 

日清戦争

 

そしてようやく日清戦争のフェーズに入っていきます。一度は天津条約で、撤退や出兵時の通告を約束しましたが、事件は突然起こります。

 

甲午農民戦争が全琫準と言う人物が先導されて起きてしまいます。これによって、反乱の鎮圧を名目に、朝鮮という場での日本vs清の戦いが始まるのです。これが日清戦争でした。

下関条約

結果としては、日本が勝利し下関条約を結びます。

 

内容としては、遼東半島、台湾、澎湖諸島の割譲、賠償金、通商の時の特権など日本が超有利な講和でした。さらに日本は大陸進出のために朝鮮への圧力を強めました。

 

しかし、その後三国干渉を受けてしまうことになります。

 

 

日露戦争

日露戦争は義和団事件後に起きたロシアと日本の戦争です。

日露戦争

 

ここでも対立の種は朝鮮です。南下したいロシアと、大陸に進出したい日本です。ただ、このまま戦ってもロシアの大軍に日本は勝てなかったでしょう。

 

実はロシアの動きを止めたい国が2つありました。イギリスとアメリカでした。彼らは、ロシアに「南下して欲しくない、これ以上領土や勢力を広げて欲しくない」と思っていました。

 

イギリスはこの頃ブール戦争で手一杯でした。

【3分で分かりやすく】南アフリカ戦争はどこ対どこの戦争?!

 

ここでイギリスは、日英同盟を結び「ロシア打倒」を日本に託します。アメリカも日本に経済支援し、「ロシア打倒」を日本に託しました。

 

日本は2つの重要国のバックアップによって、「かかってこいやああ!」というような態度になり、ロシアに対して強攻策をとります。

 

そしてついに日露戦争が開始されるのです。

 

ポーツマス条約

 

実はこの戦争は勝敗はついていません。日本が勝ったという認識の人が多いですが、海戦で連勝したことから日本が判定勝ちしたみたいな感じです。

 

戦争自体はすごく互角の勝負で、戦いは長引きました。しかし、両国とも長期戦ができるほど経済的に余裕がなかったですし、ロシアは革命の真っ只中でした。

 

ここで見かねたアメリカが助け船を出します。大統領であるセオドア・ルーズベルトが間に入り、日本とアメリカはポーツマスを結びます。

 

日本は韓国の監督権は、遼東半島南部、南満州鉄道、樺太の南半分を得ましたが、正式に勝ったわけではないので賠償金はとれませんでした。

 

しかし、大国ロシアに判定勝ちした日本の存在は、アジアの人々にとってはとても大きなものになりました。

 

また、戦争後、日露協約、英露協商を結んだことにより、日本は大陸に進出できるようになりました。

 

日中戦争

最後に日中戦争。中国に侵略してくる日本と、それに対抗する中国の戦争です。時期的には、太平洋戦争の直前です。

盧溝橋事件

 

この頃日本は張作霖を爆殺したり、国連を脱退したりなど、好き勝手やって、国際社会に避難されまくっていた時期でした。

 

満州事変以降も、蔣介石政権は自国で起きている、中国共産党との内戦を優先しており、日本に対する抗戦はしていませんでした。(資本主義か社会主義かでもめていました。中国国民党と中国共産党で内戦していました。)

 

しかし、民衆は内戦を辞めて日本と戦おう!という機運が高まっており、内戦していた中国共産党も八・一千件で内戦停止、日本への抗戦を呼びかけました。

 

それでも動かない蒋介石を見た、張作霖の息子である張学良は、耐えられなくなり蒋介石を拉致、監禁してしまいます。

 

「親父の死を無駄にすんじゃねえ!」と蒋介石を説得し、蒋介石は渋々同意しました。これを西安事件と言います。

 

それからこれまでいがみ合っていた、中国国民党と中国共産党が協力し、日本に対抗するようになります。

 

そして1937年、盧溝橋という場所で起きた日本と中国の軍事衝突事件で、日中戦争が開戦します。

WWⅡの終わりと共に終わる

 

この戦争は正式に講和したわけではありませんが、日本がポツダム宣言を受け入れて降伏すると同時にこの戦争も終わりました。

 

その後、1972年の日中国交正常化の合意が成立し、日中共同声明が発表されます。「戦争終わりね!」宣言です。

 

満州事変は1931年でしたので、講和42年間かかりました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?日清戦争、日露戦争、日中戦争の違い、を解説しました。教科書をまた確認して自分の中で整理してみて下さい。

今だけ無料の暗記ノウハウもぜひゲットして、今学んだ知識を脳に突き刺しましょう!

 

 

それでは!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す