これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

「世界史の横のつながり」を覚える方法

みなさんこんにちは。ケイトです。

 

世界史の横軸ってとてもマスターしずらいですよね。この人物とこの人物が同年代で、この地域でこれが起こってる時、向こうではあれが起こる…。だんだんこんがらかってきますよね。

 

そんなややこしい横軸問題も一瞬で解決できる方法があります。横軸を理解して、他の受験生と差をつけるのです!今回は年号を暗記することで横軸をマスターする方法をご紹介します。

 

まずは縦

 

センター形式の模試で8割を超えていない人は、まずは縦の流れを完璧にして下さい。なぜかといえば、縦がしっかりしていないと、横も身に付かないためです。というか横も、となると苦痛です。

 

8割を超えるためには流れを掴み、知識を一問一答で定着させて下さい。

世界史の流れの効率的な掴み方とは?!

実はこれは私の体験談なのです。

センター形式の模試で、なかなか8割を超えませんでした。世界史にはそこそこ時間をかけていたのに、フラストレーションでした。

 

色々原因を考えましたが、これだ!というものが分からなかったので、試しに使い終わったと思っていた一問一答を一周したところ、誤答を連発しました。

 

その一問一答は収録単語が少なめの基本的なものだったのです。結局、アウトプットが足りてなかったんですね。

 

原因が分かったところで、一問一答を10周以上やり、次の模試を迎えると8割を超えて9割がとれました。知識が定着していなければ、横も覚えるなんて無理です。だからまずは縦なのです。

 

そのあと横

縦がしっかりしてきたら、それぞれの縦の歴史を擦り合わせていきます。縦だけでも十分に点数は取れますが、横をやるともう一越えが可能になります。

 

試験中に色々な年代の出来事が思い出されてこんがらがることもなくなりますし、論述問題にも役立ちます。それに世界史がより面白くなります。

 

センター9割も余裕です。どうやって横軸を知るか、というと年号です。ただし、闇雲に細かな年号を覚えていくのではなく、基本的な年号を徹底的に覚えます。

 

オススメの年代暗記の参考書は、元祖 世界史の年代暗記法 四訂版 (大学JUKEN新書)です。年代が語呂合わせで覚えられますし、知識の整理もできます。

 

余裕があれば、『ヨコからみる世界史』もおススメです。

 

何度も読めば、横軸がインストールされます。

 

仕上げに自分でノートに年表を作ってみましょう。ノートに線を何本か引き、アジア、ヨーロッパ、アメリカ…などと分け、それぞれ出来事を書き出してみるのです。

 

紙1枚で1世紀くらいで最初はやってみてください。出来事と年号だけでなく、情報も加えてみるとオリジナルさが増して、覚えやすくもなります。

 

まとめ

いかがでしたか?世界史の横のつながりをマスターして、ほかの受験生と差をつけてくださいね!

それではまた会いましょう!
世界史用語の面白い語呂合わせまとめ!随時更新!
世界史の通史はいつまでに終わらせるべき?!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す