これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

セレウコス朝、バクトリア、パルティアとは?分かりやすく解説してみた!

みなさんこんにちは。ケイトです。

今回は、アレクサンドロスの帝国が分裂する所からお話しします。

アレクサンドロスの帝国のお話があやふやな人は復習して下さいね。

それでは参りましょう!

セレウコス朝

アレクサンドロスが亡くなった後、後継者争いが起こったというお話をしましたね。

その後、大まかに、セレウコス朝シリア、アンティゴノス朝マケドニア、プトレマイオス朝エジプトの3つに分かれます。

ギリシア系のセレウコスという人物がアジアのあたりを広く支配した地域が、セレウコス朝シリアです。

バクトリア

バクトリアは、アレクサンドロスの帝国が分裂した後、セレウコス朝シリアに属していました。

場所的には、インドから見て西北、セレウコス朝シリアの東側です。

セレウコス朝シリアが出来て数十年後、バクトリア地方を自治していたギリシア人総督は独立しようと心に決めます。

なぜここでギリシア人が出てくるの?

ここまでで疑問に思った方もいると思いますので、説明しますね。

時はアレクサンドロスの東方遠征時代。彼はバクトリアなどの東方に、ギリシア人を入植させます。表向きは、ギリシア世界とオリエント世界の融合のため、つまりヘレニズム文化を生み出すためです。

しかし、実際はアレクサンドロスに恨みを持った、ギリシア人の傭兵や戦争捕虜などを隔離するためでした。

彼らは田舎もんの王アレクサンドロスがギリシア世界に入ってきたせいで、祖国ギリシアを失ったのです。

東方に入植させられたギリシア人は、切実にギリシア風の生活に戻りたい、と願います。

マケドニア人とは喧嘩になるし、気候が違うから暮らしにくい、もう嫌だってわけです。

ということで、心決めたギリシア人総督は、セレウコス朝シリアが後継者争いで混乱している時期に、独立を図り、見事独立しました。

パルティア

続いてバクトリアのおとなりにイラン人のアルサケスがパルティアを建国します。

バクトリアの独立に触発されたのでしょうかね。

クテシフォンに都を置き、貿易で富を得ました。

その後

次のササン朝のお話につなげたいので、その後のお話をしておきますね。

バクトリアが滅び、セレウコス朝も滅びたあともパルティアは健在でした。

しかし、ローマ帝国のトラヤヌスが領土拡大のために侵攻してくると、抵抗するために国力を消耗していきます。

そこで、サッと登場したのがアルダシール。

パルティア王の臣下が経営する王朝の権力をしれッとにぎり始め、その行為にキレたパルティア王の軍も倒して、パルティア王も殺してしまいます。

鮮やかにこの地方を引き継いだ彼の国はササン朝と呼ばれます。

まとめ

いかがでしたか?

セレウコス朝、バクトリア、パルティアについてお話ししました。割とごっちゃになりやすいので頭の中を整理しておいて下さいね。

次回はササン朝のお話です。

それではまた会いましょう!

 

パルティアからササン朝ペルシアへ!覚え方も!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す