これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

オスマン帝国の皇帝の覚え方!

みなさんこんにちは。ケイトです。

 

オスマン帝国の皇帝の名前は頭に入っていますか?人数が多くなるとどうしても覚えづらいですよね。

 

ということで今回はオスマン帝国の皇帝の覚え方を紹介していきます!!

 

オスマン帝国の皇帝の覚え方

オスはムラムラ婆やをめとる。セオリー無視のスレンダー

オスマン(オス)

ムラト(ムラムラ)

バヤジッド(婆や)

メフメト(めとる)

セリム(セオリー無視の)

スレイマン(スレンダー)

性欲は誰でもあって、婆やをめとったら、驚くほど細かったというストーリーでした。

 

オスマン帝国皇帝

オスマン1世

13世紀末の小アジアに、セルジューク朝の力が弱まったタイミングで、オスマン帝国を建てた人物です。

 

ビザンツ帝国にじわじわ侵略していきました。

 

ムラト1世

バルカン半島に進出して、アドリアノープルを首都にしました。

 

次のバヤジッド1世は彼の息子です。

 

バヤジッド1世

バルカン半島に進出してきたオスマン帝国をみて、キリスト教の国々はヤバっと焦って、戦いを仕掛けます。

 

それがニコポリスの戦いですね。

 

ニコポリスの戦いにオスマン帝国が勝ったところで、東の方からティムール朝が攻めてきます。

 

バヤジッド1世は迎え撃ちますが、戦いに負けて捕まってしまいました。

 

これがアンカラの戦いです。

 

メフメト2世

アンカラの戦いに負けて、滅びるかと思いきや、ティムールが明に向かって行ったため、オスマン帝国は国力を回復することができました。

 

息を吹き返したオスマン帝国は、ビザンツ帝国に攻め入り、コンスタンティノープルを陥落させます。

 

あの大帝国を滅ぼしたことで、キリスト教国に脅威を知らしめます。

 

セリム1世

セリム1世はマムルーク朝を滅ぼして、エジプトまで領土を広げ、メッカとメディナの保護権をゲットして、イスラーム政治のリーダー的役割を担うことになりました。

 

スレイマン1世

オスマン帝国の最盛期です。

 

支配領土を広げたり、ハンガリーを征服したり、ウィーンを包囲して、攻略を目指しました。

 

プレヴェザの海戦では、スペイン、ヴィネツィアの艦隊を破り、キリスト教国にまたもや衝撃を与えました。

 

オスマン帝国の皇帝の覚え方

オスはムラムラ婆やをめとる。セオリー無視のスレンダー

オスマン(オス)

ムラト(ムラムラ)

バヤジッド(婆や)

メフメト(めとる)

セリム(セオリー無視の)

スレイマン(スレンダー)

 

これでばっちりですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

オスマン帝国の皇帝の覚え方を紹介しました!ぜひ、暗記に役立てて下さいね。

今だけ無料の暗記ノウハウもぜひゲットして、今学んだ知識を脳に突き刺しましょう!暗記が苦手、流れを押さえるのが苦手なあなたにおすすめです。

 

それではまたお会いましょう!

 

 

ついでに色々覚えちゃおう!↓

カルヴァン派の呼び方の覚え方とは?!

ムガル帝国の皇帝の覚え方!!

古代インドの王朝を徹底解説!語呂合わせでの覚え方も紹介!

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す