これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

後ウマイヤ朝の都はどこ?影響と興亡を解説!

みなさんこんにちは。ケイトです。

今回は、後ウマイヤ朝とはなんぞや?都は?影響や興亡は?という疑問にお答えしていきます!

後ウマイヤ朝

ごウマイヤ朝ではなく、こうウマイヤ朝と呼びます。まあ読み方が試験で問われることはないですが。

 

不平等な税制が批判を浴びて、革命が起こってしまったウマイヤ朝ですが、アッバース朝の支配が嫌だった一族は、イベリア半島に逃れます。

 

イベリア半島は、今スペインやポルトガルがあるところですね。

 

なぜイベリア半島かというと、ウマイヤ朝の時代に、イベリア半島にあった西ゴート王国を滅ぼし、支配下におさめていたからです。

 

都は?

都はコルドバという場所。三代目のアブド=アッラフマーン3世が定めました。アルハンブラ宮殿という豪勢で今や世界遺産である、モスクが有名です。

 

コルドバは超都会で、文化の聖地でもありました。

 

金と銀の加工に優れていて、クリスタルガラスの製造法が発明されます。また、宮廷では楽器の演奏が盛んに行われて、音楽も発展します。

 

このようにコルドバでは、高度なイスラーム文化が生まれるのです。

 

アッバース朝の都であるバグダードの学問や芸術が影響しています。バグダードからコルドバに招かれた人々が伝えたのです。

 

加えて、トレドという都市にもお話ししておきます。

 

後ウマイヤ朝には留学生がたくさん集まってきます。

 

なぜなら、後ウマイヤ朝はヨーロッパの国と接しているイスラーム王朝で、最先端のイスラーム文化を持っていたからです。

 

トレドもコルドバと同じように栄えた都市で、知恵の館で翻訳された文献がもたらされたりしたことで、学問が進みました。

 

レコンキスタによってキリスト教徒の支配下になった後でも、翻訳学校が設置され、アラビア語からラテン語に翻訳されたりします。

 

ギリシア語の文献は、イスラームを経由してヨーロッパに伝わっているのですね。ヨーロッパはイスラームの影響を少なからず受けているのです。

 

影響は?カリフを名乗った?

後ウマイヤ朝が成立した影響をお話ししていきます。

 

コルドバが都になったころ、アブド=アッラフマーンは、「後継者」であるカリフを名乗りました。

 

アッバース朝と、後ほどお話しするファーティマ朝に対抗するためです。

 

ファーティマ朝の君主もカリフを名乗ったため、3人のカリフが並び立つ状態になってしまいました。

 

これって身内同士でいがみ合っているのに似ているので、国の存続が危うくなるんですよね。たしかに家族経営の飲食店で家族が仲悪かったら倒産します。

 

 

程なくして、後ウマイヤ朝は、分裂状態になり、レコンキスタも伴って、衰退していきました。

 

まとめ

いかがでしたか?

後ウマイヤ朝についての解説でした。

イスラームの分野はとてま複雑なので一つずつやっていきましょうね。

また、今学んだような流れを一気に覚えたい人は、今だけ無料プレゼントしている暗記ノウハウがオススメです。ぜひゲットして、ライバルとの圧倒的な差をつけましょう。

 

それではまた会いましょう!

アズハル学院とマドラサの違いとは?!ファーティマ朝の特徴もまとめてみた!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す