「やみくもに暗記せずに世界史の偏差値を50から60にした方法」今だけ配信中!

高句麗、百済、新羅の場所覚え方!

どうも!ケイトです。

 

突然ですが、問題です。

高句麗、百済、新羅の場所をお答え下さい。

。。。。。。。。。。

 

多くの人は、百済と新羅、どっちが右だっけ?となりますね。今回は、高句麗、百済、新羅の場所の覚え方を紹介していきましょう。

高句麗、百済、新羅の場所

引用:https://xn--uor874n.net/nihonshi-6seiki-2906

 

答えはこうなってます。高句麗は北にどーーーーん!とあるので分かりやすいですね。

 

そして問題の百済と新羅は、百済が左、新羅が右になっています。

 

世界史も復習しながら、覚え方もやっていきます。

高句麗

中国の東北地方の南の方で、おこった高句麗は、4世紀初めくらいに南下してきて、楽浪郡を滅ぼします。

 

4世紀初めというのは、東晋ができた時代とかそのあたりですね。また、楽浪郡とは、前漢の時代に、色々な地域を郡として置いた中の一つです。

【世界史】漢を分かりやすく!

 

そうして、高句麗は朝鮮半島の北部を支配します。

 

百済

その頃、小国が分立してカオスだった、朝鮮半島の南部でも統一がすすみます。そしてまとまった結果、百済新羅ができるわけですね。

 

朝鮮半島のこの時代を三国時代といい、3国は時にケンカし、時に助け合い、中国に朝貢を送ったり、中国文化(儒教、漢文、仏教)を取り入れ、仲良くしつつ、朝鮮半島を繁栄させたわけです。青春ですねえ。

 

百済の覚え方としては、

くだらの「だ」を「ひ」と「り」でサンドイッチすれば、「ひだり」になると覚えましょう。

 

新羅

三国時代のあとどうなったかというと、時は唐の時代。唐と新羅は共謀して、百済と高句麗を滅ぼします。

 

唐が百済を滅ぼしたとき、日本派百済を救助しに援軍をおくったそうですが、663年の白村江の戦いで、唐と新羅にフルぼっこ

 

こうして新羅は、朝鮮半島の大部分を支配していきます。唐と連合した影響で、新羅も唐っぽくなります。仏教の保護とかね。他にも、骨品制という身分制度、慶州という首都も大事です。チェックしておきましょう。

 

そして、覚え方ですが、しらぎの「ぎ」に、「み」を加えれば「みぎ」になると覚えましょう。

 

覚え方まとめ

 

くだらの「だ」を、「ひ」と「り」でサンドイッチすれば、「ひだり」になると覚えましょう。

しらぎの「ぎ」に、「み」を加えれば「みぎ」になると覚えましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

この覚え方は、中学生の時に大好きだった塾の先生が教えてくれた覚え方です。覚えやすさに感動したのを覚えています。

 

この覚え方で、楽々覚えちゃって下さい。

ここでお知らせ!

今だけ無料で「世界史の偏差値を50から60した方法」を配布しています

 

ぜひゲットして、効率良く世界史の成績を上げていきましょう。

 

以下のボタンから、メルマガ登録して頂くと、手に入れることができます。

 

 

それでは!

「やみくもに暗記せずに世界史の偏差値を50から60にした方法」今だけ配信中!

↓下のフォームから簡単登録!↓

*メールアドレス

コメントを残す