「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」無料配信中!

【ややこしい】タンジマートとギュルハネ勅令との違いは?

 

どうも!ケイトです。

 

今回はオスマン帝国の改革のお話です。

 

タンジマート、ギュルハネ勅令の順番で解説していきます!違いもハッキリさせながらサクサクいきましょう。

 

タンジマートとギュルハネ勅令の違い

 

タンジマートとギュルハネ勅令の違いはなんですか?と良く聞かれるのですが、ややこしそうで実は簡単です。

 

ギュルハネ勅令はずばり、その名の通り「改革(タンジマート)やりまっせ!」というお知らせのことです。

 

タンジマートは、改革そのものですね。

 

タンジマート

 

タンジマートとは?

 

タンジマートというのは、オスマン帝国で行われた西洋化改革のことです。この時代どこかしこで、西洋化、近代化が行われていきますね。

 

タンジマートを行ったのは、アブデュルメジト1世という人物です。スルタンが支配するイスラーム国家から、法治主義に基づく近代的な国家にオスマン帝国を変貌させました。

 

公平は法律を作って、宗教的な差別もなくしました。相当な変化だっただろうなと思います。

 

法治主義とは言っても、法律で差別を正当化することもできるわけですから、タンジマートはとても意味のある改革です。

 

しかし、貿易をたくさんしようと、ヨーロッパの商品を輸入すると、その商品が安くて、質がいいものばかりでした。

 

するとどうなるか。地域の産業が潰れていきます。

 

安く作れる地域の商品が、スーパーで国産より安く売られているのはイメージできると思いますが、そんな感じ。

 

安いし、質が良いので、外国産のものばかり売れて、国産のものが売れなくなりました。

ミドハト憲法が制定されるが、、、

 

クリミア戦争後、「やっぱり近代的な国家には憲法が必要だ!」と叫ばれるようになり、1876年にミドハト憲法が制定されました。

 

よーーーやく、立憲制になりましたね!、、、と思いきや。

 

ロシア=トルコ戦争が勃発し、アブデュルハミト2世はこれを口実に議会の閉鎖、憲法も停止してしまいます。多分、民衆から大ブーイング食らってますよ、彼。

 

【世界一分かりやすい】ベルリン会議はいくつある?1878・1884の違いを解説!

 

結果、この戦いにオスマン帝国は負けてしまい、セルビアやルーマニアなどの領土をベルリン条約によって失いました。

ギュルハネ勅令

 

ギュルハネ勅令は、その名の通り「改革(タンジマート)やりまっせ!」というお知らせのことです。タンジマートは、改革そのものですね。

 

難しくないでしょ?これを機に覚えてしまいましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?オスマン帝国の改革を中心にお話しました。しっかり復習して、知識を身につけて下さいね。

ここでお知らせ!

今だけ無料で「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」を配布しています

 

成績が伸び悩んでいる人は、ぜひゲットして、効率良く世界史の成績を上げていきましょう。

 

以下のボタンから、メルマガ登録して頂くと、手に入れることができます。

 

それではまた!

「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」無料配信中!

【注意】

*入力ミスのないよう慎重に入力願います

*入力後すぐに1通目が届きますが、多少のタイムラグがございますことをご了承下さい

*個人情報は厳重に管理しておりますので、ご安心下さい

*メールが非常に届きにくくなっております。なるべくgmailで登録お願い致します

(届かない場合は迷惑メールに入っている場合が多いです。)

コメントを残す