これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【答えられる?】4大文明の共通点、相違点まとめ!

どうも、ケイトです。

 

今回は、あの有名な4大文明の共通点、相違点のまとめをしていきます。

 

共通点

 

4文明の共通点としては、大河の近く、暖かい、文字の開発、青銅器の利用です。みていきましょう。

大河の近く

 

人は水がないと生きていけませんよね。ですから、文明を説明するときは、大河の近くであると説明されることが多いです。

 

大河は塩害もなく、農業もできて生活しやすかったのがポイントですね。肥沃の三角地帯とか、エジプトはナイルの賜物というのは、川によって土地が良く肥えたことを表した言葉です。

 

農業がしやすければ、定住も進み、人も増えます。その結果文明ができるのです。

暖かい

 

寒すぎない気候も大事です。もちろんそれぞれの地域で気候帯が違ったり、特色はあるものの、共通しているのは、比較的過ごしやすい気候なのです。おさえておきましょう。

 

文字の開発

 

それぞれ文字も生まれました。しっかりおさえておきましょう。

 

エジプト文明:象形文字(物の形)
メソポタミア文明:楔形文字(くさびの形)
インダス文明:インダス文字(未解読)
中国文明:甲骨文字(亀のこうらや牛骨に刻まれた文字)

 

青銅器の利用

 

青銅器は主に祭式で使われました。中国文明での使用が有名ですが、青銅器自体は紀元前3000年ごろに、西アジアで生まれ、次第に各地に広まりました。

 

紀元前1500年にヒッタイトが鉄製の武器を作るまでは、もろい青銅器が使われていました。

 

相違点

 

メソポタミア

 

メソポタミア文明はティグリス川とユーフラテス川の流域で栄えます。シリア、パレスチナ地方は肥沃な三日月地帯と呼ばれるほど、肥えた土地だったため、定住が進みました。

 

オリエント世界で特徴的なのは、神権政治です。

 

川の水の管理やそれを利用した農業をするためには、強力なリーダーが必要になってきます。そこで彼らのリーダーになったのが神様です。この文明では、宗教の力を借りた統治によって、独自の文化が生み出されていきます。

 

また、メソポタミアでは、かなりの民族が出たり入ったり、生まれたり滅んだりしています。

民族の覚え方も下の記事でマスターしてしまいましょう。

 

【3分】メソポタミア文明の特徴とは?語呂合わせでの覚え方も紹介!!

 

エジプト

 

エジプトではナイル川によって、肥沃な土地に恵まれ、治水のために、早くから王国が形成されました。太陽神ラーを中心とした多神教であり、王であるファラオは生ける神として政治を行いました。

 

文字としては神聖文字、暦は太陽暦を用い、遺産としては、ピラミッド、ロゼッタストーンが挙げられます。

 

また、死後の世界を信じ、「死者の書」やミイラを作ったことでも有名です。

 

メソポタミアと違って、色んな民族が出たり入ったりするわけではなく、古王国、中王国、新王国、、というふうに国を気づいていきます。

 

エジプト文明の特徴を歴史を解説しながら分かりやすくまとめてみた!

 

インダス

 

インダス文明は、紀元前2600年頃に起こり紀元前1800年ごろまでに衰退したインド最古の文明です。

ろくろで作られ文様が描かれた彩文土器、絵や文字が刻まれた印章、青銅器などが作られた高度な都市文明です。

 

この文明は、ドラヴィダ人がいたところに白人であるアーリア人が侵入してきてできた文明ですね。

 

インダス文明の特徴とは?!分かりやすく解説!

 

中国

 

黄河流域では、前6000年ごろまでに雑穀を中心に農耕が始まっていました。前5千年紀には農耕技術も発展し、彩文土器を特色とする仰韶文化が発展していきます。

 

長江流域では、前6000年ごろまでに稲作を中心に農耕が始まっていました。前3千年紀には、これらの地域間の交流は緊密化し、黒色磨研土器(黒陶)を特色とする竜山文化が発展していきました。

 

【3分】中国文明の特徴を分かりやすく!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?4大文明の共通点、相違点のまとめでした。しっかり理解して得点につなげていきましょう!

暗記の効率を上げたい、みんなより楽に暗記したいというあなたは、ぜひ今だけ無料プレゼントしている暗記ノウハウを手に入れてみてライバルをごぼう抜きにしてみて下さい。

 

それでは!

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す