これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【3分】戊戌の変法と戊戌の政変の違いとは?わかりやすく!

 

どうも!ケイトです。

 

今回は戊戌の政変について詳しく解説していきます!

戊戌の政変とは?

 

戊戌の政変とは、清で起こった制度改革運動です。

 

時期的には、日清戦争戦争後です。日清戦争が怪しい人は復習を。

日清戦争、日露戦争、日中戦争の違い!まとめてマスター!

 

日清戦争戦争後の中国分割

日清戦争戦争後、小国の日本に敗北したことが知れ渡ってしまった大国、清は列強に分割支配されることになってしまいます。

 

日清戦争の講和である下関条約で清は日本に遼東半島を渡しましたが、ここで事件。

 

「日本が優位立つのが嫌だし、俺たちも中国支配したい」と参入してきた三国がいます。

 

この事件をご存知の通り「三国干渉」といいますね。その3国とは、ロシア、フランス、ドイツです。

 

彼らは日本に圧力をかけ、遼東半島を変換させました。そして彼らは、清にこう告げます。

 

「遼東半島返させたんだから、なんかよこせや。無償でやるほどお人好しじゃないで。」(なんかチンピラみたい)

 

その結果、ロシアは東清鉄道の敷設権を手に入れました。南下したいロシアにはぴったりですね。

 

 

ドイツも宣教師殺害事件を口実に膠州湾をゲット、ロシアはさらに遼東半島の南部、フランスは広州湾をゲットします。(遼東半島、、、)

 

ここでイギリスもなぜか参入してきて、威海衛、九龍半島の北部をちゃっかりゲットしてしまいます。

 

さらにその後しばらくしてからアメリカも参入してきます。

 

乗り遅れたのが嫌だったアメリカは、「清国において、通商権・関税・鉄道料金・入港税は平等!各国に同等に開放されるべき!」と主張し、足並みをそろえようとしました。

 

この声明を出したのは、ジョン・ヘイという国務長官で、門戸開放宣言と呼ばれます。この宣言によって、中国分割の勢いは少し落ち着きます。

 

下の地図を見て場所も覚えてしまいましょう。

https://heiwa.yomitan.jp/4/3237.html

 

 

 

戊戌の政変

清内部では、「戦争に負けるのは法制度が古いからだ!!日本の明治維新のように根本的な制度的改革が必要だ!」と叫ばれていました。

 

その中心となったのは、公羊学派の康有為という人物です。

 

 

公羊学派というのは、「春秋」という書物の解釈の一つである「公羊伝」を支持している学派のことです。改革志向が強いことで有名です。

 

 

彼らは、「孔子の教えは古い制度を守るためでなく、改革のためにあるのだ!」と主張し、国会開設、憲法制定など改革を進めていきました。

 

立憲君主制にしようってわけですね。

 

 

そして彼は当時の皇帝である光緒帝を説得し、政治の改革を断行させました。この出来事を戊戌の変法といいます。

 

しかし、改革に反対する一派もいました。そのような保守派の人々は、西太后という皇后と手を組みクーデターを仕掛けます。

 

結果クーデターは成功し、光緒帝は逮捕され幽閉、康有為も失脚して日本に亡命しました。この出来事は「戊戌の政変」と呼ばれます。仕掛けた側が勝ったので、「変」がつきますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

戊戌の変法、戊戌の政変を解説しました。似てるようで違うのでしっかり区別しておきましょう。

いまだけ無料配布している暗記ノウハウを手に入れるとすごく楽に覚えられますよ。

それではまた。

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す