これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コミンテルン、コミンフォルム、コメコン の違いとは?!

どうも!ケイトです。

 

コミンテルン、コミンフォルム、コメコンの違いを説明できますか?似たような単語なので区別しづらいですよね。

 

今回はこの3つの単語の違いを徹底解説していきます!

 

コミンテルン、コミンフォルム、コメコンの違い

 

コミンテルン(Comintern) は、共産主義インターナショナル(Communist International)

 

コミンフォルムは、第二次世界大戦後の1947年に、アメリカのマーシャルプランに対抗して、スターリン体制下でつくられた組織

 

コメコンは経済相互援助会議

 

 

 

 

コミンテルン

 

コミンテルン(Comintern) は、共産主義インターナショナル(Communist International)の略です。別名第3インターナショナルとも呼ばれます。

 

前にボリシェヴィキとメンシェヴィキのお話をしましたね。

【超簡単】ボリシェヴィキ、メンシェヴィキの違いと覚え方とは?

 

このコミンテルンはボリシェヴィキのレーニンによってモスクワで1919年に結成されたものです。彼らは、ロシアで社会主義を成功させるためには、革命が必要だと思っていました。

 

世界中で革命を起こしてしまおうと運動したので、世界共産党としても知られます。レーニンは特にカリスマ指導者だったので、組織的にも強いモノでした。

 

ちなみに、第一インターナショナル、第二インターナショナルはどんなものだったかというと、

 

第一インターナショナルは、1864年、ロンドンでつくられた「国際労働者協会」です。はじめて社会主義を主張したマルクスが指導しました。

 

 

第二インターナショナル、1889年、ヨーロッパ・アメリカの労働者代表を中心に組織されました。この組織の中心は、ドイツの社会主義党である、ドイツ社会民主党でした。

 

しかし、第二インターナショナルは、第一次世界大戦での国家間の対立により、各国が自国の防衛を優先したため崩壊しました。

コミンフォルム

コミンフォルムは、第二次世界大戦後の1947年に、アメリカのマーシャルプランに対抗して、スターリン体制下でつくられた組織です。

 

中心はソ連共産党でしたが、ヨーロッパ8カ国の共産党が集まって、情報局を結成したのです。コミンフォルム(Cominform)は共産党情報局のことです。

 

マーシャルプランはアメリカがヨーロッパに経済支援することで、戦後の復興を図ろうとしたものでしたが、東欧諸国は「これによってアメリカの影響力が強くなり、資本主義が当たり前になるのではないか」と恐れたのです。

 

このコミンフォルムの結成は、アメリカとロシアのにらみ合いである、冷戦の始まりともいえます。

 

 

コメコン

コメコンは経済相互援助会議Council for Mutual Economic Assistanceのことです。頭文字をとった略称がCOMECON ですね。

 

コメコンは、東欧の社会主義国によって1949年に組織された会議で、社会主義国の結束を強めよう!という目的がありました。これもまた、マーシャルプランへの対抗策です。

 

このころ社会主義国間での足並みがそろわず、ソ連の支配ない耐えられず暴動を起こしたり、資本主義にシフトする国も出だし、コミンフォルムとしては非常に困ったわけです。

 

ですから、コメコンを結成し、経済や技術に関しての取り決めを行い、ソ連支配を強めようとしたのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?コミンテルン、コミンフォルム、コメコンの違いを説明しました。この単語に関連する歴史もしっかり復習しておいて下さいね。

いまだけ無料配布している暗記ノウハウを手に入れると世界史の内容をすごく楽に覚えられますよ。ぜひゲットしてみて下さい!

それでは!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す