「やみくもに暗記せずに世界史の偏差値を50から60にした方法」今だけ配信中!

明と清の皇帝を語呂合わせで覚える!

 

 

どうも!ケイトです。

 

突然ですが、中国史で覚えるべき大事なものは、何でしょう?

 

元号?年号?出来事?

 

これらも大事ですが、大事なものと言えば、皇帝の名前や順番ですよね。これらが分かるようになると、誰の治世の時に何が起きたかということを押さえやすくなります。

 

でも、皇帝の名前って中々頭に入りませんよね。

 

ということで、今回は、明と清の皇帝の名前を語呂合わせで覚えていきたいと思います!

明の皇帝覚え方

明の皇帝で覚えておいて欲しいのは、朱元璋、永楽帝、万暦帝の3名です。語呂合わせで覚えていきましょう。

民主、永遠に万全!

 

明(民)

 

朱元璋(主)

 

永楽帝(永遠に)

 

万暦帝(万全)

 

語呂合わせは何度も唱えて覚えてしまいましょう。少し復習しておくと、朱元璋は明の建国者、永楽帝は、靖難の役で帝位に就いた人、万暦帝は、明の終わりがけの頃、財政再建を行った人物です。

 

明について流れが不安な人は、下の記事で復習しておきましょう。語呂合わせだけ覚えても、その人が何したか分からないと点がとれないですからね。頑張っていきましょう!

【分からないとヤバイ?】明の滅亡の原因とは?

清の皇帝覚え方

清の皇帝として覚えておいて欲しいのは、最初の6人と、最後の溥儀です。ということで、最初の6人を語呂合わせで覚えていきましょう。

 

ヌルヌルの本、順次抗菌よう乾かせ!

 

ヌルハチ(ヌルヌル)

ホンタイジ(本)

順治帝(順次)

康煕帝(抗菌)

雍正帝(よう)

乾隆帝(乾かせ)

 

ちょこっと復習しておくと、

ヌルハチは、女真から「金」として独立したときのリーダー。ホンタイジは、中国に降りてきて、「清」として建国した人物です。順治帝は取りあえず名前を覚えておきましょう。

 

康煕帝は、三藩の乱を治めたり、海禁政策を行ったりした人ですね。雍正帝は、キリスト教の布教を禁止するなど、典礼問題に関わった人。乾隆帝は、全盛期の頃の皇帝と言っても良いくらい、領土も広げました。

 

清についての詳しい復習は、こちらの記事でしておきましょう!

清の滅亡の原因って結局なんなん?

まとめ

 

いかがでしたか?

 

明と清の皇帝の覚え方でした。語呂合わせでサクサク覚えて、サクサク点取っちゃって下さい。

 

また、今だけ「世界史の偏差値を50から60した方法」を配信しています。世界史の勉強に悩んでいる人や、成績が上がらずにどうしたらいいか分からない人はぜひダウンロードしてみて下さい。

 

それでは!

 

「やみくもに暗記せずに世界史の偏差値を50から60にした方法」今だけ配信中!

↓下のフォームから簡単登録!↓

*メールアドレス

コメントを残す