「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」今だけ配信中!

【合格にグッと近づく!】大学受験1ヶ月前にやっておくべき5つのこと

 

どうも!ケイトです。

 

まずは、新年あけましておめでとうございます。今年も、ブログ、ガンガンやっていきますので、よろしくお願いします。

 

さて、共通テストまで約2週間、私大入試まで約1ヶ月、国公立入試まで約2ヶ月となりました。

 

気持ち的にも焦ってきますし、「何をしたらいいかわからーん!」と思う人も多いはずです。

 

今回は、受験まで5ヶ月というあなたに、必ずやっておくべき3つのことをお伝えしていきます。

 

やるべきことを可視化

勉強に取りかかる前にやること、それは、勉強するべきだな~と思っていることを可視化することです。

 

「あれもやらなきゃ」

「これもやらなきゃ」

と思っているだけだと、やるべきことが無限にあるような気がしてきて、めちゃ焦ります。

 

なので、まずは頭の中でおもっているだけのことを、ちゃんと見えるようにしましょう。

 

このやるべきことは、人によって違いますが、世界史で言うならば、例えば、

・一問一答3周する

・共通テストの過去問解いて、復習を繰り返す

・世界史の問題集解く

とか、こんな感じですね。

 

こういう作業を、受験に使う教科すべてについて行ってみて下さい。

 

優先順位をつける

1年でさえあっという間ですから、1ヶ月はもっとあっという間です。さっき書き出した、「やるべきこと」を、どれも同じだけやっていたら、時間が来て、ゲームオーバーです。

 

ですから、現時点での優先順位をつけます。当たり前ですが、これも人によって違います。

 

国公立志望の人と私大志望の人でも、違いがあるし、国公立志望の人でも、二次試験に世界史を使うかどうか、とかそういう点も違いがあります。

 

また、その人の勉強の進み具合からしても、優先順位は違ってきます。

 

共通テストで、国語が足を引っ張りそうなら、国語を優先的にやるべきかもしれませんし、その中でも、古文が弱いなら、古文を重点的にやるべきかもしれません。

 

アウトプットが足りないなら、過去問をやって、分析、復習というサイクルを、まわしてみるのもアリですよね。

 

自分の状況を把握して、「今」なにやるべきか、を見極めて勉強していきましょう。なお、この優先順位はコロコロ変わります。

 

なので、それ合わせて、勉強の分量や内容を変えてもらっていいです。逆にそうでないと、効率的によくないです。

 

優先順位をつけて、勉強していきます。

 

アウトプットを増やして

問題集や過去問を解こう

やるべきことは人によって違えど、これは意識せよ、というのがあります。それが、アウトプットです。

 

アウトプットというのは、問題を解いたりして、自分の知識を外に出す行為ですね。ただ、自分に知識がなかったり、知識を引き出す作業が苦手だという人は、このアウトプットという作業を避けがちです。

 

できなくて、傷つくからですね。

 

私も、それが嫌いで、アウトプットを避けていた時期がありました。その時期は、絶望的に成績が上がりませんでした。

 

しかし、アウトプットを意識してから、成績が上がり始めましたし、アウトプットを意識した勉強で、京大の編入試験にも合格できました。

 

なので、問題を解くなり、アウトプットを意識した勉強を心がけましょう。

 

長文読解系も点数上がる

また、アウトプットには、もう一つ良い面があります。

 

それは、長文読解などの速度が、鈍らないという点です。

 

「長文読解とかは、もう1ヶ月じゃ伸びないから、暗記やろ~」っていう人がいますが、それは間違いです。

 

英語や現代文、古文など、読み解いて答える系の教科や分野は、やらないと、どんどん鈍っていきます。

 

逆に、今からでも練習していけば、読み解く速度はアップします。私も、国語は苦手でしたが、センターでは、8.5割の成績をとることができました。

 

また、問題を解くことを続けていけば、それだけ慣れてもきますし、自分の弱点も見えてきて、補強できるので、共通テスト本番に、ベストコンディションで臨むことができます。

 

過去問演習でなくとも、「自分の知識を外に出す」ということを意識して勉強していきましょう!

復習を徹底!

参考書は1冊、使い込め!

時々、この時期から新しく知識を入れようとする人がいます。例えば、新たに参考書や問題集を買う人です。

 

それは、絶対、辞めましょう。

 

落ちますよ。ガチで。

 

この時期は、復習を徹底して下さい。特に、今使っている参考書や問題集、使い込んで欲しいです。

 

「この1冊は誰よりもやった。1冊まるごと、自分の頭の中に入ってる!」という状態は、めちゃくちゃ強いです。

 

世界史は特に、やり込めばやり込むだけ成果が出る教科ですし、色々参考書乗り換えて、成績上がった人は見たことがないからです。

 

しかも、世界史などの暗記系は即効性が高いので、前日に確認した知識がそのまま試験に出たりして、点数アップが図りやすいです。

 

ということで、アウトプットも十分復習にはなりますが、今やっている参考書、問題集を、使い込んで欲しいな、と思います。

過去問は何度でも解く!

そして、もう一つ。模試、過去問を復習しましょう。ミスったところを、復習して、また新しいのをやる人がいますが、過去問は何度も解いて下さい

 

合ってても次解けるとは限らないし、1回解いただけでは、過去問の栄養素をすべて吸収できません。

 

例えば、世界史だったら、4択問題の選択肢、すべて理解して、解きましたか?時代から、用語、ストーリーまで、すべて理解できていますか?勘で解いて、たまたま当たったやつとかもないですか?

 

ドキッ

 

とした人もいるでしょう。もしそうならば、時終えた過去問を引っ張り出してきて、もう1度、もう2度、解いていきましょう。

 

間違えた問題は、足りていない知識は、ノートにまとめておくと、試験の前日や当日に、苦手な部分だけ復習できて、楽ちんです。安心感ありますしね。

 

自信高まるよ

 

このように復習していくと、このような効果が現れます。

 

・「これだけやってきたから大丈夫!」と思えるようになる

・持ってる参考書や問題集、過去問、活用できた感半端ない

・単純に点数上がる

・自信もアップ

・苦手ノートで、前日、当日も安心

 

もう復習やらない理由ないですよね。

 

健康管理をしよう!

寝ろ!食べろ!動け!

 

です。これに尽きます。マジで。

寝ろ

直前期になると、「時間が足りない」と焦って、睡眠時間削り出す奴がいます。睡眠時間削った分、集中力落ちるので、めちゃくちゃ損です。

 

また、寝てないと気分も鬱になって、勉強できなくなります。7~9時間寝ましょう。

食べろ

 

直前期になると、「時間が足りない」と焦って、食事時間削り出す奴がいます。栄養不足で免疫力落ちて体調崩します。

 

体調崩したら、最強に時間ロスです。バランスの取れた栄養ある温かい料理を食べましょう。

 

特に、野菜とタンパク質は不足しがちなので、意識してとりましょう。

 

動け

直前期になると、「時間が足りない」と焦って、運動時間削り出す奴がいます。

 

運動って別にやらなくても死なないので、無視されがちですが、運動はメンタル面でも集中力の面でも、良いところだらけです。

 

セロトニンなる幸せホルモンが出て、鬱になりにくくなりますし、血流がよくなって頭が活性化し、集中力も上がります。

 

私も、編入受験の時は、HIITというトレーニングと、大学までの20分のウォーキングのおかげで、メンタル保てたので、オススメです。

 

「やりきった」という思い出をつくるつもりで

勉強していて辛いと思うこともあるでしょう。しかし、4月から大学に入って、「あの時やりきっといて良かったな~」と、思えたら、すごく良いと思えませんか?

 

ここは、「やりきった」という思い出をつくるつもりで、踏ん張って欲しいな、というのが私の願いです。

 

人生100年の中の、たった1ヶ月です。

 

不安だし、怖いし、辛いのはよく分かります。しかし、ここで踏ん張れなければ、後悔することは避けられません。

 

上に挙げた、やるべきことを実践しながら、最後まで走りきってみて下さい。爽快感、達成感、半端ないです。

 

マジで耐えれん、しんどい!という人は、受験が終わったらやりたいことリストをつくって、やる気を爆上げしましょう。

 

つくるのめちゃ楽しいですよ。

受験が終わったらやりたいことリストをつくってやる気を爆上げしよう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

受験まであと1ヶ月。「あのとき頑張って良かったな~」と思える、そんな1ヶ月にして下さい。それでは、頑張っていきましょう!

「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」今だけ配信中!

【注意】

*入力ミスのないよう慎重に入力願います

*入力後すぐに1通目が届きますが、多少のタイムラグがございますことをご了承下さい

*個人情報は厳重に管理しておりますので、ご安心下さい

*メールが非常に届きにくくなっております。なるべくgmailで登録お願い致します

(届かない場合は迷惑メールに入っている場合が多いです。)

コメントを残す