これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

世界恐慌を分かりやすく簡単に!各国の対応を理解しよう!

 

どうも!ケイトです。

 

今回は「世界恐慌」についての解説です。あなたはしっかり説明できますか?

 

不安でも大丈夫!これを読み終わる頃にはバッチリ説明できるようになっていますよ。それではいきましょう。

 

世界恐慌とは?

世界恐慌とは

世界恐慌というのは、1929年10月にニューヨークのウォール街で株価が大暴落し、アメリカの大不況が世界中に伝播した出来事のことです。

 

アメリカでは、工業生産の急落、企業の倒産、商業不振、銀行閉鎖、25%が失業など、空前絶後の大不況に見舞われました。

株価の暴落の原因

 

なぜアメリカで株価の暴落が起こったかを説明していきましょう。

 

 

当時アメリカは、世界中にお金を貸していた債権国でした。第一次世界大戦で戦費を使いまくってしまったイギリスやフランスにも貸していました。

第一次世界大戦を分かりやすく!原因から結果、覚え方まで!

 

そうすると、お金は利子つきで返ってきますから、どんどんアメリカにお金が集まってきますね。

 

お金を持った人々は、投資をどんどんしていきます。ほとんど初心者みたいな人でも投資をするようになりました。シンプルに言ってしまえば、安いときに買って高いときに売れば儲かりますよね。

 

さて、どんどん投資がなされると、その会社の株は上がっていきます。高くても買ってくれるくらい人気になるからです。

 

しかしプロの投資家たちは、湯水のようにつぎ込まれていくお金を見て、「これ回収できんかったらどうしよう」と不安になっていきます。

 

そこで「じゃあ株価が下がらないうちに(損をしないように)、今のうちに売ってしまおう」といって、株を一気に売り始めました。

 

ただ、これが一人だけならまだいいものの、投資家みんながやり始めたのです。

 

一斉にみんなが株を売ったらどうなるでしょう。当然、人気が急落するので株価も急落です。これが株価の暴落の仕組みですね。高いお金で買い、まだ売っていなかった人は大損害です。

 

しかも、企業に投資をしていた銀行に、預金を引き出そうとする人が殺到し、お金がない銀行は倒産。銀行がなくなれば、融資もなくなり企業も倒産。企業がなくなれば、みんな失業というわけです。

 

各国の対策

アメリカ

 

アメリカでは1932年の選挙で、民主党のフランクリン・ルーズベルトが大統領に選ばれ、この大不況をなんとかしようと奮闘します。

 

彼がやったこととして有名なのが、ニューディール政策(新規まき直し)と呼ばれる経済政策です。

 

シンプルに言えばこの政策は、どんどんお金をすって社会に流す政策です。

 

まず、金本位制を離脱して、お金の発行をしやすくして銀行を救いました。金本位制というのは、金と貨幣の発行量を釣り合わせる制度のことです。

 

また、農業調整法で農産物の価格を上げて、社会に流したお金でそれを買ってもらえるようにして、農民の生活を安定させ、

 

全国産業復興法でも、同じような仕組みで商業に関わる人達の生活を安定させました。

 

テネシー川流域開発公社は公共事業を行って、社会にお金を流すと共に、事業のために雇用を増やして失業者を救いました。

 

また、ワグナー法では、労働者の団結権、交渉権を認め、その結果産業別組織会議(CIO)という労働組合もできました。

 

外交面では、ドル経済圏に近隣の国を組み入れる善隣外交が行われ、少しでも貿易をしようと奮闘しました。

 

これらの政策により、国民の不安は少し和らぎましたし、民主主義を守ってファシズムと対抗したということから意義は大きかったとされています。

 

 

 

政策や法の名前がいっぱいでてきましたが、頑張って覚えておきましょう。

 

ドイツ・日本・イタリア

 

後の枢軸国となること三国は、軍部主導による全体主義的な国家体制が行われ始めていました。

 

ファシズムの解説はこちらで行っています。

【今更聞けない】ファシズムって何?分かりやすく

 

植民地や資源を持たない「持たざる国」は武力で他より秀でようともがき、第二次世界大戦へと発展していくわけです。

 

イギリス

 

イギリスでは、労働党、自由党、保守党が合わさった挙国一致内閣が財政削減、金本位制の停止を行います。

 

また、オタワ連邦会議を開いて、イギリス連邦内だけ関税を下げて、貿易をしやすくし、部外者を閉め出すような政策をとりました。

 

このような身内だけで貿易をするような経済をブロック経済といい、イギリスでは「スターリング=ブロック(ポンド=ブロック)」といいます。

 

フランス

 

フランスでも同じようにブロック経済政策が行われ、それを「フラン=ブロック」といいます。

 

また、ドイツなどのファシズム国の脅威を感じ、ブルムという人物を主唱し、反ファシズムを掲げる人民戦線内閣が生まれました。

 

第二次世界大戦へ

 

ドル・ポンド・フランなど、一つの通貨を軸としたブロック経済がいくつも生まれ、そこに入れない国々は不満を募らせました。

 

しかも、ブロック間でも対立が激化し、貿易が頼りである企業は苦しむことになります。

 

このブロック経済は第二次世界大戦の原因の一つであるとされています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?経済の仕組みについて詳しく知ると結構面白いですね。

 

しっかり理解して復習していきましょう!それでは!

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す