これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

英米戦争の原因は結局なんなの?

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

 

どうも!ケイトです。

 

今回は、英米戦争について解説していきます。戦争については、原因、結果、その後が大事になってきます。一つずつ押さえていきましょう!

英米戦争とはそもそも?

 

英米戦争とは、1812~1814に起こった、アメリカvsイギリスの戦争です。アメリカは既に独立していましたが、イギリスのちょっかいがとまらなかったんです。

 

そのため、この戦争は第二次独立戦争とも言われます。では、原因を見ていきましょう。

 

原因

 

中立政策

アメリカは、中立の立場を示していました。この頃、欧州では、ナポレオンが牛耳る中で、イギリスとフランスが戦争していたからです。

 

この中立主義は、初代大統領であるワシントンの頃からでした。

 

ここで問題。

 

ワシントンが大統領に就任したのはいつでしょうか?

 

そう!大正解!1789年、フランス革命の年です。

 

アメリカは独立ホヤホヤ。独立戦争で疲れ切っておりました。戦後の復興、国を建設していく必要があります。

 

そこでさらにフランス革命に巻き込まれたら、まあ大変じゃないですか。

 

ってことで「なんか革命起きてるけど、どっちにも味方しない!」という立場を取ったのです。

海上封鎖

中立な立場をとり続けて20年。大統領は3代目、ジェファソンです。

 

アメリカは、ナポレオン統治下の欧州と貿易していました。そう、イギリスもフランスもです。イギリスとは、農作物を輸出し、工業製品を輸入する貿易をしていました。

 

さて、ナポレオン統治下で、大陸封鎖がなされたのは覚えていますか?

 

そうですね。ナポレオンがイギリスを攻撃するために、イギリスへの穀物の輸出を辞めたのでした。その後、ロシアが勝手に輸出するのですが、その前に、イギリスは反撃にでます。

 

アメリカとフランス、他の大陸国は、普通に貿易していたのですが、イギリスは「倍返しだ!」と言わんばかりに、貿易を妨害するのです。

 

これを海上封鎖といいます。大陸封鎖とセットと覚えてしまいましょう。

 

中立な立場だったアメリカは、何の落ち度もないのに、貿易を妨害され、ガチギレ。これをきっかけに、「英米戦争」が始まっていきます。

 

結果

結果的には、どっちが勝ったとは言い切れないという説がほとんどです。

 

欧州で講和が成立したのに、船だったからアメリカに伝わるのが間に合わなかったという話もあります。

 

ただ、アメリカは、勝敗がよく分からない状態で、勝利宣言をします。(なんかアメリカっぽい)

 

この戦争の大きな戦いで勝った、アメリカ軍の大将は、ジャクソンという人物で、後の7代目大統領です。

その後

 

経済的自立

イギリスと仲が悪くなったため、イギリスの工業製品が輸入できなくなりました。これによって、アメリカは、工業化が進み、農業に頼った産業から抜け出しました。

 

特に、木綿工業が盛んになります、

 

また、アメリカが一丸となって戦ったため、アメリカ人としてのナショナリズムも高まったとされています。

 

モンロー宣言

また、5代目の大統領、モンローは、モンロー教書を発表し、「欧州はアメリカに関わらないでくれ。その代わり、アメリカも欧州には関わらない」という約束をしました。

 

この頃、ヨーロッパでは、ウィーン体制でした。元々ラテンアメリカを支配していたスペインの力が、フランス革命で弱まってしまったために、ラテンアメリカでは多くの国が独立しましたよね。

シモンボリバルとサンマルティンの違いとは?ラテンアメリカの独立まとめ!

 

そこでスペインは、オーストリアのメッテルニヒやロシア、フランスなど神聖同盟諸国の助力を得てラテンアメリカの独立に干渉しようとしていたことについて、アメリカが待ったをかけたのです。

 

アメリカはその後、孤立主義をとるようになり、中立を守ると同時、南北アメリカへの、ヨーロッパの干渉を排除し、アメリカ合衆国が排他的にラテンアメリカ等を支配するようになったのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

英米戦争について、誰よりも簡単に解説してみました。しっかり復習して定着させちゃって下さい!

 

今だけ配布の、世界史勉強法大全もゲットして、偏差値爆上げしていきましょう!それでは!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す