これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【世界史】清の文化まとめ!覚え方も!

 

どうも。ケイトです。

 

前回の明の文化まとめは読んでいただけましたか?

【世界史】明の文化まとめ!覚え方も!

 

今回は清の文化をまとめていきます。それではいきましょう!

 

清の文化まとめ

まとめ

「康熙字典」「古今図書集成」「四庫全書」

考証学:顧炎武(こえんぶ)、黄宗羲(こうそうぎ)、銭大昕(せんたいきん)

 

「紅楼夢」と「儒林外史」

 

アダム=シャール(湯若望)・フェルビースト(南懐仁)・ブーヴェ(白進)・カスティリオーネ(郎世寧)

 

思想

 

清では、とてつもなく厳しい思想統制が行われましたね。すべては清をヨーロッパから守り、存続させていくためでした。

 

清を批判するような文章を書いた人を罰する、文字の獄や男性に対して辮髪を強制したことが有名です。

 

また、康熙帝の時に「康熙字典」「古今図書集成」、乾隆帝の時に「四庫全書」という百科事典を朝廷が作らせました。

 

これも思想統制の一環ですね。「康熙字典」「古今図書集成」「四庫全書」は、良く出るし有名ですので、覚えておいて下さい。

 

語呂合わせ

ここ図書室?

康熙字典(こ)

古今図書集成(こ図書)

四庫全書(室)

 

学問

 

学問においては、考証学という学問が発展しました。これまで、朱子学、陽明学と紹介してきましたが、どちらも「理が大事」とか「心が大事」とか、ぶっちゃけ現実味の無いお話でしたよね。

宋の社会、経済、文化総ざらい!

しかし、今回の考証学はひと味違います。なぜならば、事実に基づいて実証をしていくことを重んじたからなんです。

 

研究者達は、儒学の経典を校正したり、言語学を研究したり、古典をしっかり理解することに注力しました。

 

まあしかし、なぜ考証学が生まれたかというと、やはり厳しい思想統制があったからです。なにか変なことをいうと、刑務所に連れて行かれるような状況でしたので、昔の本を徹底的に調べて研究していくしかなかったんですね。

 

最後に、考証学で有名な人物を紹介します。

 

顧炎武(こえんぶ)黄宗羲(こうそうぎ)、銭大昕(せんたいきん)です。覚えておきましょう。

 

語呂合わせ
公園で葬儀、ああ大金

顧炎武(こえんぶ)(公園)

 

黄宗羲(こうそうぎ)(葬儀)

 

銭大昕(せんたいきん)(大金)

 

小説

 

次は小説です。明に引き続いて、庶民文化が発展しました。

 

小説で覚えておいて欲しいのは、「紅楼夢」と「儒林外史」ですね。

 

「紅楼夢」は著者、曹雪芹(そうせつきん)の自伝のような小説です。当時の清の様子が描かれています。

 

 

「儒林外史」は、明が舞台の小説で、科挙制度の批判と官僚の腐敗を描いています。作者の呉敬梓(ごけいし)は科挙を受けることができず貧困のまま終わった経験があります。

 

キリスト教

 

宣教師が技術者として、清に来ます。もともとはキリスト教の布教のために清にやってきていました。彼らは、布教しながらも中国文化を重んじ、キリストの信者に孔子の崇拝や儀礼をも認めていましたが、それを良く思わない人もいました。

 

そういう人が、ローマ教皇にチクったため教皇は、「中国文化なんか重んじてんじゃねえ。仕事しろ!」とイエズス会に命じますが、

 

これを聞いた清の雍正帝は「は?じゃあ布教しに来んなし!」と反発して、布教を禁止してしまいました。この一連の問題を典礼問題と言います。

 

さて、技術者のお話に戻りますが、アダム=シャール(湯若望)・フェルビースト(南懐仁)・ブーヴェ(白進)・カスティリオーネ(郎世寧)などが大活躍します。

 

アダム=シャール(湯若望)・フェルビースト(南懐仁)は皇輿全覧図。カスティリオーネ(郎世寧)は円明園というバロック様式の建物を含めた庭園を造りました。

坤輿万国全図と皇輿全覧図の違いと覚え方とは?

清の文化まとめ

まとめ

「康熙字典」「古今図書集成」「四庫全書」

考証学:顧炎武(こえんぶ)、黄宗羲(こうそうぎ)、銭大昕(せんたいきん)

 

「紅楼夢」と「儒林外史」

 

アダム=シャール(湯若望)・フェルビースト(南懐仁)・ブーヴェ(白進)・カスティリオーネ(郎世寧)

まとめ

 

いかがでしたか?

 

清の文化についてまとめました。覚え方も紹介したので、ガンガン覚えていっちゃって下さいね!それではまた!

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す