これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【世界史】明の文化まとめ!覚え方も!

 

どうも!ケイトです。

 

文化史って得意ですか?文化史は多くの人が苦手としているので、得意にしてしまえば大チャンスです。

 

今回は明の文化についてまとめていきます。

明文化まとめ

まとめ

董其昌

「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」

陽明学

天工開物  宋応星

本草網目 李時珍

農政全書 徐光啓

 

 

明の文化

 

明の文化は、明の社会と密接に関わっています。洪武帝が完全な文治主義だったことで、官僚を経験する人が増え、文化もそのように洗練されていきます。

芸術

まずは芸術。

 

画家としては董其昌(とうきしょう)が有名です。彼は官僚を経験したような高学歴な人物ですが、芸術家としても名をはせました。

 

明では小説が流行りました。木版印刷によって本をたくさん出版できるようになり、みんな本を買うようになったんです。

 

 

有名な小説としては、「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」ですね。聞いたことがある題名もいくつかあるのではないでしょうか?

 

「三国志演義」は三国史の話。

 

「水滸伝」は男達が国のために戦うみたいな話。

 

 

「西遊記」は孫悟空。

 

「金瓶梅」は愛の話なんですが、同時に政治腐敗を描いた物です。

 

小説の他にも技術や科挙に関する参考書など、世に出回る本は増えていきました。

 

学問

 

次に学問。中国史では学問に関しても発展するので、まとめるのが大変ですね。さて、明ではなにがトレンドだったかというと、陽明学です。

 

宋では、朱熹が唱えた朱子学ですね。経典をしっかり読み込んで、真理にたどりつこう!という学問でした。朱子学では、心よりも理の方が重んじられました。

 

しかし、心がないがしろにされがちな朱子学を見て、疑問を感じた人がいます。それが王陽明です。陽明学では3つのことを覚えておきましょう。。

 

「心即理」「致良知」「知行合一」です。

 

「心即理」は朱子学の「性即理」に変わってできた言葉で、簡単にいうと、本来は心の中に正しい道徳が詰まってますよってことです。

 

「情なんか邪魔だ、研究せえ」という朱子学と違って、心を大事にしています。

 

「致良知」はありのままの善良な心で過ごしましょう、

 

 

「知行合一」はその心のまま行動しましょう、ということを表した言葉です。陽明学は庶民の間にも広まりました。

 

 

なお、朱子学は儒学の一派ですね、陽明学はそれを批判したものになります。

 

科学技術

 

エリートが増えたことから、科学技術への関心も高まります。覚えておいて欲しい3名と本の名前を語呂合わせにしてみました。

語呂合わせ

転校おせえ本校の理事、乗せても徐行

天工開物(転校)  宋応星(おせえ)

本草網目(本校)  李時珍(理事)

農政全書(乗せても) 徐光啓(徐行)

 

明文化まとめ

まとめ

董其昌

「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」

陽明学

天工開物  宋応星

本草網目 李時珍

農政全書 徐光啓

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

明の文化について紹介しました。まとめてみるとたいしたことないですね。復習をを繰り返し行えば、必ず覚えられるので、頑張って下さい!それでは!

 

坤輿万国全図と皇輿全覧図の違いと覚え方とは?

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す