これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【今更聞けない!】ウィーン体制って結局何?1分で分かりやすく解説!

 

どうも!ケイトです。

 

今回は、ウィーン体制って結局何?っていうお話をしていきます。1分でサクッと確認していきましょう!

 

ウィーン会議

時はフランス革命後、1814年から翌年にかけてウィーン会議がひらかれました。

 

議題は「どうやって元の状態に戻すか?」でした。

 

王政であるフランス以外の国では、フランスでの王の処刑をこれまで見て、王様は次は自分の首が飛ぶのではないかビクビクしていました。

フランス革命に出てくる議会の順番覚え方!

この会議を主導したのは、オーストリアの外相、メッテルニヒです。

 

また、フランスの外相タレーランは革命前の状態に戻そう!という正統主義をかかげて、ブルボン朝を復活させました。

 

それからというもの、列強間の同意に基づいて、国際秩序の再建が図られます。

 

ロシア皇帝はポーランドの国王も兼ね、

 

ドイツ連邦が組織、

 

イギリスはスリランカとケープ諸島をゲットし、

 

オランダはベルギー、オーストリアは北イタリアをゲット

プロイセンとドイツ帝国とドイツ連邦の違い

スイスは永世中立国となります。

 

ウィーン会議の結果、フランス革命によって広まった自由主義とナショナリズムは抑圧される形になりました。

 

この「元に戻そうとする」国際体制のことを、ウィーン体制といいます。

 

この状況下で力を持ったのは、イギリスとロシアでした。イギリスはその繁栄と海軍力で、国際的に平和を保ちました。(パックス・ブリタニカ

 

巨大な陸軍を持つロシアは、アレクサンドル1世が神聖同盟を提唱し、さらにイギリス、プロイセン、オーストリアを集めて四国同盟を結びました。

 

これはどちらもこのウィーン体制を維持するための同盟でした。

 

各地で反乱

この体制下では各地で反乱が起こりまくりました。ざっと挙げるだけでも

 

ドイツ→ドイツの学生組合(ブルツェンシャフト)の改革要求

 

イタリア→秘密結社カルボナリの蜂起

 

ロシア→貴族の青年将校が蜂起(デカブリストの乱)

 

フランス→七月革命

七月革命、二月革命、三月革命って何が違うんだ!?

ギリシア→独立

 

ラテンアメリカ→独立運動

 

ベルギー→オランダから独立

 

ポーランド→蜂起

 

こんな感じ。

 

そりゃ、自由が目の前に見えていたのに、それを抑圧されて今までの生活に戻せって言われたら腹立ちますね。

 

 

反乱はすぐに鎮圧されたものの、反自由的な政策に賛成する人はだんだん少なくなり、オーストリアとドイツがウィーン体制の中心になっていきました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ウィーン体制についてざっと説明しました。この知識を元に、今後の勉強も頑張って下さいね!

今だけ簡単に流れを把握するための暗記ノウハウを無料プレゼントしておりますのでぜひダウンロードして、誰よりも楽に暗記してみて下さい!

それでは!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す