これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

超面倒くさがりだった高校生が勉強を習慣化できた3つの理由

みなさんこんにちは。ケイトです。

 

勉強が毎日続かない…結局3日坊主…というのを経験したことありますよね。すごくわかります。

 

しかし、それは勉強を習慣化できていないからなんです。

 

習慣化してしまえば、毎日の勉強はそれほど苦にはならず、良いこともたくさんあります。私は、コツコツやることを知る、宣言、最小限の目標という3ステップで習慣化できました。

 

今回はサクッと習慣化する方法をご紹介します!

 

習慣とは?

知っている人がほとんどだと思いますが習慣とは、日常の決まりきった、行う事への心的な努力がいらない動作のことです。

 

よく言われるのが、朝顔を洗うとか歯磨きとか、そういうのです。やらないと気持ち悪いってなるような動作を習慣と呼びます。

 

 

 

習慣化によって生じる効果

 

ストレスがなくなる

 

先ほど言ったように、習慣化された行動には、心的な努力が伴いません。

 

つまり、勉強を習慣化できると、余計な意志力を使うことなく、勉強に取り組めるのです。また、脳も余計なエネルギーを使わなくて済むので、勉強も効率的にできるようになります。

 

バタフライエフェクト

 

バタフライエフェクトとは、小さなことが大きな影響を及ぼすという効果のことですね。「蝶の一回の羽ばたきが、地球の裏側ではハリケーンになる」とよく言われます。

 

これは勉強も同じで、1日1日の小さな積み重ねが、3ヶ月後にはものすごい成果になって現れます。毎日1分多く勉強するだけでも、3ヶ月続ければ1分が積み重なって90分になります。

 

しかし、よく1ヶ月で成果を出したいという方がいます。そういう人は目先の利益ばかり気にして、長い目で物事を見ようとしません。

 

 

すぐに効果が出る勉強法は確かに魅力的ですし、私もノウハウばかり集めていた時期がありました。目の前のことを過大評価し、3ヶ月後のことを過小評価していたんです。。

 

結果はすぐには出ないものです。

この図はご存知ですか?

 

成績というのは、直線ではなく、曲線で現れます。コツコツやっていてもなかなか結果が出ないけれど、ある日突然、わけわからないぐらいに結果がでるのです。

 

(私の出身校ではこの曲線を「桜台曲線」と呼んでいました。恥ずかしいですねえ。)

 

結果を出したいならば、コツコツやるしかありません。一発逆転を狙うのは、宝くじに当たるのを待っているのと同じです。「継続は力なり」はまさにその通りで、世の中で成果を出している人は大体継続してます。

 

 

イチローとかが良い例ですね。少年期は365日中360日は練習しています。長期に渡って活躍出来たのは、努力の継続の賜物なのです。

 

それゆえに、勉強の習慣化を薦めるわけです。

 

習慣化の仕方

 

ステップ1である、習慣化の大切さがわかったところで、習慣化の仕方をご紹介していきます。

 

今あなたはやる気に満ち溢れていると思います。

 

勉強が習慣化され、親に勉強しろとも言われず、自分から机に向かい、数ヶ月後偏差値爆上げに成功する…。

 

思い描けていると思います。

 

しかし、このまま取り組んでも3日坊主で終わります。

 

やる気に満ち溢れたあなたは今日3時間とか勉強すると思います。しかし、明日にはそんなやる気も忘れてます。だから結局続きません。

 

そうなんです。人間は覚えたことだけでなく、感情も忘れます。

 

1ヶ月前の感情思い出してって言われても、「覚えてないわっ」ってなりますもんね。

 

ですからやる気のあるうちに、環境を整えます。

宣言

 

例えば、あなたはツイッターにこう呟くんです。

これから毎日勉強します!サボったら部活辞めます!

 

みたいな感じ。大切なのは、厳しい罰ゲームです。

 

厳しい罰ゲームは退路を絶ってくれます。

絶対やだなって思うことを罰ゲームとして設定すると、今日はサボっちゃおというような気も起こらなくなります。ツイッターで宣言することは、あとにひけない効果をもたらします。

勉強したらその記録をまたツイッターに載せて下さいね。

目標を極力小さくする

 

どんなにサボりでも、5分とかならできそうって思いませんか?お風呂が沸くまでの間とか夕食ができるまでの時間とか、余裕ですよね。

 

脳はやったかやってないかで判断します。少しでもやれば、「やった」と認識するし、目標に達していなければ「やってない」と認識するのです。

 

だから、3時間という目標を立てて30分しかできないと、その日は勉強してない、と脳は判断し、継続が途切れると続かなくなります。

 

だから絶対達成できる目標がいいのです。

 

心理的に軽めなら続けられますし、継続できた事実があれば、その先のステップアップも可能になるのです。

 

どのくらいやれば習慣になる?

 

人様々ですが、目安は3週間です。達成できたらご褒美を自分にあげて下さい。また、勉強するという行動を生活に組み込むとストレスが減りますよ。

 

例えば、朝起きたあとすぐに机に向かう、とか、学校から帰ってきたら制服のまま机に向かう、とか一連の動作を習慣にできます。

 

私が朝ランニングを習慣化させたときの、一連の動作は、

起きる、トイレ、洗面、洗濯物を取り込む、着替える、外に出る、シャワー、洗濯機を回す、体重測る、着替える、朝食、メイク、洗濯を干す、掃除

です。

 

目標はとりあえず外に出ること、また、体重を計ったり、掃除などちょっと面倒くさいことも取り込んでしまうことで、一度に何個も習慣化できました。

 

まとめ

いかがでしたか?

習慣化についてのお話でした。習慣を味方につけて、合格へ向かって突き進んでくださいね。

それではまた会いましょう!

誰でも簡単たったこれだけ!勉強集中部屋作り!
大学で学部に迷った人は必見!とりあえず大学に入る人向けにオススメの学部を紹介!
大学受験に塾、予備校は必要?メリット、デメリット語ります!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す