これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

ナントの王令ってなぜ廃止されたの?詳しく解説!

 

どうもケイトです!

 

17〜18世紀のヨーロッパ史って佳境に入ってて面白いですよね。しかしその分内容が詰め込まれすぎてて、よく分からん部分も出てきますよね。

 

ナントの王令とは?

ということで今回は、ナントの王令はなぜ廃止されたの?っというお話をしていきます!ナントの王令というのは、アンリ4世の宗教に関する法令のことですね。

 

遡ること1562年。この頃出てきた新しい勢力がカルヴァン派であるユグノーですね。勢いをつける彼らが気に入らなかったのがカトリックの人々。

 

バチバチに睨み合っていたのですが、1562年ついに戦いが勃発してしまいます。それがユグノー戦争ですね。

 

貴族間の戦いも絡んできてしまい、30年続きました。サンバルテルミでは、ユグノーの人々が虐殺されました。

 

しかしこんな風に国内が荒れてると外国に侵されそうで怖いですよね。なので、国家を統一した方がいいんじゃないかという声も、時が経つにつれて増えていきます。

 

そこで解決策を見出したのが、アンリ4世という人物。

 

彼自身はカルヴァン派でしたが、怒り狂うカトリックを治めるために、自らカトリックに改宗しました。

 

それに加えて、信教の自由をみんなに与えました。これがナントの王令ですね。

 

その結果ユグノー戦争が収束し、フランスはまとまりを取り戻していきました。

 

ナントの王令廃止

ナントの王令はなんと廃止されてしまいます。

 

廃止されるのは1685年のこと。太陽王と呼ばれたルイ14世が行いました。

 

でもなんで?って話ですよね。

 

教科書には

 

「しかし、一般の国民は多額の戦費と宮廷費を賄う税金あの負担に苦しみ、またナントの王令の廃止によって、ユグノーの商工業者が大量に亡命したことで国内産業の発展も阻害された。」

引用:詳説世界史B

とあります。

これを読んで思ったのは、

理由書いてねえ!

です。

 

税金に苦しんだのは分かるし、王令の廃止で、カトリックからの迫害を恐れたユグノーの商工業者が大量に亡命したこともわかるけど、理由書いてねえ!

 

と思った訳でございます。

 

そういうわけで王令の廃止の理由を見ていきましょう。

 

理由

 

理由としてはズバリ、対立がずっと続いていたから!です。

 

王令の後、王位についたルイ13世は新教徒の弾圧を再開してしまうんですね。カトリック贔屓な政策に怒ったユグノーはカトリックと対立してしまったのです。

 

ルイ13世の次の戦争大好きルイ14世はひたすらに「国強くしてえ」と望んでいました。

 

そのために、軍隊増強はもちろん、宮廷を豪華にして権威を強め、治安、交通、衛生にも力を入れていました。

 

彼はたくさんの戦争に参加していくわけですが、悩みの種がありました。

 

それがカトリックとユグノーの喧嘩ですね。

 

ルイ14世はこう思うわけです。

「喧嘩したままだったら国強くならんやん。ナントの王令意味なくね?」と。

まあ確かにという感じですね。というわけで彼は、200年くらい前の王令を廃止したんです。

 

その後

 

完全なるカトリック国になったフランスですが、先ほどもチラッと言ったようにユグノー商人が亡命したため、経済が低迷していきます。

 

ユグノーいじめは加速し、続いていきました。

 

 

 

まとめ

 

ナントの王令、廃止の理由をお話ししました!

教科書ってざっくりしすぎて分かりづらいので、しっかり理由まで結びつけて理解して下さいね!

いまだけ無料配布している暗記ノウハウを手に入れると世界史の内容をすごく楽に覚えられますので、ぜひゲットしてみて下さい!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!それでは!

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す