これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

【新高3生必見】ググッと差をつける!春休みにするべき非常識な勉強と計画法とは?

みなさんこんにちは!ケイトです。

 

みなさん。春休みはどうお過ごしですか?今回は、春休みにやってはならない勉強の仕方を紹介していきます。また、計画の立て方からそれにかけるべき時間を紹介していきます。

春休みにやってはならない勉強

 

欲張るな!

 

目標が高い人ほどやりがちなのですが、自分のキャパを超えてあれもこれもやろうとすることです。

 

部活をやっている人も多いでしょうから、自分ができる勉強時間と、やるべき勉強をしっかり明確にする必要があります。そうしないと、あれもこれもやろうとして挫折し、結局何も身につかないのです。

 

 

ですので、2週間の春休みはやることを1つに絞ることが重要になってきます。

 

より少なく、しかしより良く

 

ここでのキーワードはより少なく、しかしより良くです。「エッセンシャル思考」という本に載っていた考え方です。些末なことを切り捨て、本当に大事なことに集中するという考え方です。

 

これは受験勉強にも応用できます。あれもこれもではなく、1つの分野だけを選んで集中してやるのです。

 

こうすることで、エネルギーが分散するのを防ぎ、2週間後に成果が手に入る状態になります。

何を選ぶ?

 

何でもいいですが、英語や数学はおすすめです。英語なら、単語、文法、長文、英作のどれか一つを選んだら良いし、数学ならベクトルとか三角関数の中から一つ選んで下さい。

 

なにか1つの分野を選んで下さい。英単語を選んだのなら、目標を定めて毎日淡々と単語を覚えるようにしましょう。

 

 

計画の立て方講座

どれくらい計画にあてるか

計画は超重要です。大事な計画にはその期間の1割はかけるべきです。

20日間だとするとまるまる2日くらい。週ごとや、模試終わりなど計画の見直しをし、ズレているならば立て直すべきです。

 

大まかな目標を決める

休み中に達成したい目標を定めます。さっき決めた1分野を含めて、宿題などやることを書き出します。

 

そして次に、優先順位をつけます。どれが一番重要でやらなくてはならないのか、はっきりさせておいて下さい。

 

これをしないと、全部均等に思えてしまって、心理的にやるのが軽いものから手をつけ、勉強してるのに重要なものをやれていないから、成績が上がらないという結果になってしまいます。

 

選んだ1分野は優先的になるでしょう。

 

週ごとに割り振る

どんな単位でもいいですが、週単位がおススメです。もっとも馴染みのある単位ですし、予定も立てやすいです。

 

目標が決まったら、それを週にどれくらいやるかを決めて下さい。その後、また優先順位をつけ、最低限絶対やるものを決めて下さい。

To Doリストをつくる

その週にやることが決まったら、次は1日ごとにタスクを落し込みます。自分のキャパを見ながら計画します。リストは前日の夜までに書いておくのがおススメです。

 

 

朝から余計な考え事をしなくてすみます。また、スケジュール帳を使っているのならば、4本線を引いて、時間ごとに区切ってしまうのもいいですね。

 

9時、12時、15時、18時のような感じで。締め切り効果で効率が上がるのでオススメです。

 

 

あとは、そのタスクをこなす時間まで設定してしまえば、心理的に重いタスクだけが残ることを防ぐことができますよ。

 

また、この時間は塾、この時間は家のリビング、この時間は自分の部屋など場所を決めておくと、達成率が上がります。

 

ご褒美と罰ゲームと調整日を設定する

結構大事です。まずはご褒美。その週の目標を達成したら、獲得できるご褒美を設定しておきましょう。心から喜べるものが良いです。

 

逆に達成できなかったときの罰ゲームも同時に設定しておくといいですよ。また、調整日を設定します。

 

計画倒れしてしまう人の多くは、結構ぎっちり計画立て、少しずつ計画がずれはじめて、結果やる気をなくすというものだと思います。

 

週に1日、調整日を設定して、やれなかったタスクをやる時間をつくりましょう。

 

日曜日がおススメですよ。タスクをやりきってしまったら、ご褒美タイム。もっと勉強したければ、その週にやったことの復習をすればいいですし、計画の見直し、次の週にやることの設定をするのも良いですね。

 

運動して汗を流しリフレッシュするのもいいです。

 

評価する欄をつくる

いわゆるPDCAと呼ばれるものですが、毎日寝る前やタスクが終わった後で、その日を評価するための欄をつくります。

 

今日はどうだったか、集中できていたのか、など5分くらいでいいので考える時間をつくるのです。計画を立てToDoリストを終えた時点では、PDまでしか終わっていませんからね。

 

例えば、スマホをみて脱線してしまったのなら、脱線しないためにはどうしたらいいか考えて改善策を書き出します。

 

親に預けるとか。

 

またその日のタスクが全て終わらなかったのなら、なぜそうなったのか?終わらせるにはどうしたらいいかを自分で考えるのです。

 

計画に無理があるなら、時間の見積もりを慎重に出したり、余計な時間が多いなら、それを削るなど解決策を導き出して明日に繋げます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?どれだけ頑張っても進む方向が間違っていれば、成績は伸びません。

 

勉強の仕方などは塾の先生などに相談するのもいいでしょう。考えて、計画して、見直して、濃密な春休みを過ごしてくださいね。それではまた会いましょう!

 

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す