これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

今更聞けない!受験生が6時間睡眠は寝過ぎ?!

こんにちは!ケイトです。

 

さっき弟が、

「6時間も寝てるのに、昼眠たくなる」

 

ぼそっと呟いていました。あなたもそうやって思ったことないですか?ということで今回は受験生の睡眠時間についてお話していきます。

 

 

何時間眠ればいいの?

何時間眠ればいいの?という質問がありますが、ショートスリーパーの人もいれば、ロングスリーパーの方がいます。だから、自分にあった睡眠時間を見つけましょう、というのが答えです。

 

○時間寝ろ!と強制する人がいますが、人それぞれ特性があるので鵜呑みにはしないようにしましょう。朝型、夜型というのも結構人それぞれです。

 

人間に必要な睡眠時間

まずはある実験を紹介します。被験者の睡眠時間を色々変えて、認知能力をはかる実験です。

この実験をざっっっっっっっっくり説明すると、

4つのグループに分け、8時間、6時間、4時間、0時間の睡眠時間を割当て2週間観察。

 

それぞれどんな結果になったかというと、

全く睡眠をとらなかったグループは、認知能力が超低下。1晩徹夜しただけで酩酊状態とされる状態と同じぐらいです。オールしたあとでなぜか目が冴えてたりするのは、酔っ払ってる状態と同じ感じだからなんですかね。

 

8時間睡眠のグループは認知能力が変わりませんでした。

 

ここまではなんとなく予想どおりですね。ここから気になる6時間睡眠についてなんですが、6時間睡眠のグループはなんと10日目以降から、徹夜した状態と同じ認知能力となったのです。

 

4時間睡眠のグループの場合は、たった3日目で起こり、10日目には、2日間徹夜した時と同じになりました。

 

ここでポイントなのは、

 

自分が睡眠不足だと自覚していない」という点です。

 

「6時間って寝過ぎだよね。」とか、「6時間も寝てるのに。」と言っている人は、本当は睡眠が足りていないのに、日中にそんなに影響がなく自覚できていないのです。「6時間睡眠で足りている」は、完全なる思い込みであることがこの実験から分かります。

 

 

結論、6時間睡眠では足りないということになります。

 

今の睡眠時間が自分にあっているか?

自分にとって適した睡眠時間なのかを自分の体に聞いてください。昼間に眠たくなってしまうのであれば夜の睡眠が足りていません。

 

 

6時間睡眠でたとえ起きられていても、集中力が続かず勉強効率が落ちます。これ絶対。さっきの実験のように、睡眠不足を自覚していないので、こういったことが起きるんですね。

 

 

合っていないと思ったならばまずは8時間睡眠から試してみてはいかがでしょうか?私は夜、8時間眠り、昼間は15分だけ仮眠をとっています。昼に眠くなることはないし、午後になっても効率の低下があまりありません。

 

睡眠不足が続くと、それが負債のようにたまっていくというデータもあるので、週末の寝だめで解決しようとするのは危険です。

 

 

ですから、7、5時間~9時間ほどの睡眠をとる生活を1ヶ月は続けてみて下さい。

 

ちなみに9時間睡眠をとったこともありますが、マジで気分爽快ですよ。めんどいタスクが次々終わり、順調に予定が終わらせることができました。ぜひ試してみて下さい。

 

睡眠時間は削らない方が良い

睡眠を削るのはやめた方がいいです。

 

睡眠を削ったら、時間が増えるでしょ?

でも、そんな単純な話ではないのです。まずさっきもお伝えしたように認知機能が低下します。そうすると、集中もできず、効率性も落ちます。そのことを表した会話はこちら。

 

Mike「6時間しか寝てないのに、仕事が終わらないんだ。」

Tom「当然だよ、6時間しか寝てないから終わらないのさ。

 

睡眠は恥ずかしいことではない

睡眠をとることに抵抗がある人が結構います。これは産業の発展から、この世の中ではずっと起きていられるからなんですね。

 

一番大きいのは、電球の発明です。夜も光の下で作業できるようになりました。それから「やることがないなら働け。」「寝るのは怠慢。」という考え方が生まれます。

 

 

「やることがないなら寝る」「暗くなったし寝る」という考え方が、電気のせいで消え失せていきました。

 

 

それが現代人の慢性的な睡眠不足を引き起こしているのです。

 

 

6時間も寝てたら合格しないよ」なんていう教師もたまにいるみたいですが、その人の授業を見てみたいものです。

 

 

 

もちろん睡眠をとることに嫌悪感や抵抗がある気持ちは分かります。私も、睡眠の重要性をまだ知らなかったときは、ずっと起きて勉強しようとしていました。

 

 

4時間睡眠を試したこともありましたし、3時起き生活に憧れたこともあります。しかし、どれも上手くいきませんでしたし、学校では眠たくなるし、ハンドボールの練習では免疫力が落ちているせいか軽度の熱中症になりました。しかも学校の成績は落ちていく一方でした。

 

 

しかし、高2の時に睡眠の重要性を知ってからは、授業で寝ることもなくなりましたし、ハンドボールの練習中に暑さに負けることもなくなりました。

 

 

眠ることによって、体も回復し、脳内でもしっかり整理が行われ、認知機能もおちません。日中は6時間しか睡眠をとっていない友人を横目に、最高のコンディションで勉強できます。

 

 

睡眠がもたらしてくれるものって、いいことしかないです。

 

睡眠をとることに抵抗がある人はこう考えてみてはどうしょうか?

 

 

体を休めるのも、トレーニングのうち。

 

例えば、筋トレはずっとやっていても筋肉はつきませんよね。プロテインを飲んで、睡眠をとり、筋肉を休ませて、壊れた筋肉組織を再構築することで、筋肉がつく。体を十分休めてから、またやる。それで筋肉がつくんです。

 

勉強も同じで、きっちり睡眠をとるのも受験勉強のうちなんです。睡眠時間を削るのは自己満足でしかない。むしろ怠慢なのです。休むことをサボっているのですから。しかも記憶は睡眠をとっている間に整理されます。なので睡眠時間は削らないでください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

自分の体をよく知ることはとても大切なことです。8時間寝ていてもぼんやりするならば、睡眠の質が低いのかもしれません。質を高める工夫はいくらでもあるので、試行錯誤を繰り返して勉強の効率アップもはかってください。

「睡眠」という授業を科目として、加えて欲しいですね。それくらい大事な話でした。

それではまた会いましょう!

受験生は朝ランニングしよう!やり方も紹介!

「早起き」ができない受験生が早起きする8つのポイント

これで攻略!世界史勉強大全「STORY」!

今だけ無料配信中!

 

コメントを残す