「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」無料配信中!

【3分でマスターできるよ】スペイン継承戦争をわかりやすく!

 

どうも!ケイトです。

この記事では、スペイン継承戦争について分かりやすく解説していきます。

 

なぜ起こった?

この戦争は1701年に、スペインの王位継承問題が戦争に発展したものです。

 

ルイ14世

 

フランスではルイ14世が王様で、軍隊を強くし、侵略戦争をしまくってました。その過程で、スペインの王位を狙ってか、スペイン王の姉である女性と結婚します。

 

その40年後、病弱なスペイン王、カルロス2世はもうすぐ死ぬというところまで来てしまいました。しかし、子どもがいないため、王位を引き継げません。

 

そこで、ルイ14世。「スペイン王家の血も入ってるから、私の孫のフェリペ5世はどうだ?」と提案します。

 

しかし、ちょっとまったー!と駆け込んできたのが、神聖ローマ帝国。「私はあなたの妹と結婚してるから、うちの次男はどうだ?」と。

 

世界は狭いね(笑)

 

他にも色んな理由をつけて継承権を主張する人があとを立ちませんでした。

 

カルロス2世は死に際に遺言書を書きます。継承するのは誰かです。彼が遺言書に書いたのは、ルイ14世の孫であるフェリペ5世でした。

 

しかし、条件付きです。「スペインの王をやるなら、フランスの王はやるな」と。

 

フェリペ5世

 

フェリペ5世はスペイン王位を継ぎ、晴れて王様になります。

 

しかしです。彼はまだ、フランスの王位継承権を捨てていませんでした。当然これに色んな国が反発します。このままだとフランスとスペインが合体してとんでもないことになります。

 

イギリス・オランダ・オーストリアは連合して、フランスに宣戦布告するのです

 

勝敗

フランスとスペインは軍隊がめちゃくちゃ強かったので、比較的優勢でした。しかし、戦争中にプロテスタントによる蜂起で、国が混乱。次第に劣勢になっていきます。

 

戦争中、スペインでは王が2人存在したり、その人が休止したりなどカオスな状態でした。色々試した結果、フェリペ5世に継がせるのがマシな選択なのではないかという結論にいたり、戦争は一旦休止しました。

 

フランスはイギリス・オランダとの間にユトレヒト条約を結びます。

 

これによってフェリペ5世スペイン王と認められますが、フランスとスペインの合同は永久に禁止でした。条約を結んで念を押したわけです。実質、フランス、スペインの負けですね。

 

一方アメリカではアン女王戦争が行われていましたが、こちらはイギリスが勝利しました。イギリスはカナダの一部を手に入れます。

 

ヨーロッパでも、イギリスはスペインからジブラルタル、ミノルカ島。フランスからニューファンドランド、アカディア、ハドソン湾を獲得しているので、真の勝者はイギリスと言えますね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?スペイン継承戦争を解説しました。今後の勉強にぜひ活かして下さいね!

ここでお知らせ!

 

世界史の勉強法が分からない、成績が全く上がらない、という人のために今だけ無料で「世界史の偏差値を50から60した方法」を配布しています

 

ぜひゲットして、効率良く世界史の成績を上げていきましょう。

 

以下のボタンから、メルマガ登録して頂くと、手に入れることができます。

 

それでは。

 

「暗記量を減らしたのに1ヶ月で偏差値66になった秘密の世界史勉強法」無料配信中!

【注意】

*入力ミスのないよう慎重に入力願います

*入力後すぐに1通目が届きますが、多少のタイムラグがございますことをご了承下さい

*個人情報は厳重に管理しておりますので、ご安心下さい

*メールが非常に届きにくくなっております。なるべくgmailで登録お願い致します

(届かない場合は迷惑メールに入っている場合が多いです。)

コメントを残す